電天でスキャンを依頼したのでレビューするよ

この記事の信頼性

調査しています

あまりにも高すぎる業者や、数年間放置されている業者も多数ありましたので、徹底的に調べて10社に絞り込みました。

パソコンで調査 自炊代行業者を182社を調査した結果、おすすめ業者は10社だった

まとめています

10社を一覧表にまとめてみました。

電天の基本情報

社名電天
設立2011年
住所愛知県
持ち込み応相談
集荷:地区記載なし
集荷:料金記載なし
集荷:対象記載なし
書籍の種類書籍
料金150円
ページ数無制限
本のサイズA4以下
カバー表紙無料
カバー裏表紙50円
ファイル名変更無料
OCR100円
雑誌スキャン300円
JPEG納品50円
DVD納品3,000円
USB納品記載なし
納期18日
納期備考
最速納品
最速納品:料金
特徴1完全おまかせサービス0円:冊数を数えずに段ボールにつめて送るだけ
じっすー
じっすー

ページ無制限、リネーム付きで150円は悪くはないですね

5月9日 申込みフォームへ入力

▼トップページに納期目安が表示されています。18日です。

▼申込みボタンはオレンジ色でわかりやすいですね。

▼申込みフォームも右側に集計金額がリアルタイムで表示されるので親切です。

▼下にスクロールしていくと各種オプションを選択します。

▼結構細かい点までありますが、決めておけばトラブルになりにくいですね。

▼最後は、個人情報を入力して、

▼同意確認のチェックの前に自炊禁止の作者を確認して…

▼完了フォームが表示されます。支払方法はクレジットカ銀行振り込み。

▼その後の流れも表示されます。

▼入力内容がメールで飛んできます。注文内容がいつでも確認できます。

▼手順と郵送先が表示されます。

今回依頼した本

▼かなり年季入っています。地も赤茶けてます。

▼小口も。

▼天も同様です。

▼中身もこんな有様😅

5月13日 発送

▼3点の内、1点が今回の電天の分です。

▼今回、このようなコメントを添えて依頼しました。

じっすー
じっすー

どこまで出来るか未知数ですが…きれいになって行ってこーーーい!

5月19日 (3日間で納品!)

▼依頼してから3日で納品されました。当初は18日営業日でしたので良心的ですね。

URLをクリックしてオンラインストレージに飛ぶとダウンロードが開始されます。

ファイルのリネーム

▼書名だけでした。著者名も入れて欲しかった💦

スキャン品質チェック

▼表紙はクリアになりました。

▼まず、あの赤茶けた本がここまで白くなったのはありがたい!しかし、赤線のラインにあるような傾きが結構ありました💦

▼拡大するとこんな感じ

この傾きが何とかならないかメールで問い合わせしました。

電天の回答<br>

結論:対応できない

理由

  • 元々の書籍の印刷が垂直になっていないことがある。
  • ソフトにより傾きの補正をかけている。
  • 目視で確認しているが、書籍自体の傾きなので対応不可

▼確かにメールでこのような表記がありましたけどね…

じっすー
じっすー

書籍の印刷の傾きって…そんなのあるんですかね💦

ソフトで自動傾き補正を行っているそうですが、それでも傾いているところが多すぎる。

目視もしているのなら、あれぐらいの傾きは直してもらいたいことろです。

まとめ

ページ無制限、リネーム付き(著者名無し)で150円で納期も悪くない。

ただ、ページの傾きについてはもう少し頑張って欲しいかな💦

本を電子化してページが斜めっていると、気分があまりよろしくないので😅(私だけ!?)

あわせて読みたい

最近の中華タブレットは安くてハイクオリティ。

自炊派ユーザーはタブレットを1台持つことで、いつでもどこでも大量の本を持ち歩くことができます。

【自炊ユーザーの夢】本を電子化したら個人用電子図書館をつくろう!【最新中華タブレットをipad airと比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA